乳輪が大きくなる原因は?小さくすることって可能??

乳輪大きい原因

 

乳輪が大きいとなんか見た目が悪いですよね。

 

せっかく大きいバストなのに、残念な感じになってしまいます。

 

温泉とかに行った時に恥ずかしい思いをしてしまいます。

 

 

でも、なぜ乳輪は大きくなるのでしょうか?

 

 

乳輪が大きくなる原因とは?

 

 

乳輪が多きなるのには、れっきとした原因があります。

 

その原因について紹介したいと思います。

 

 

遺伝による

 

カラダのいろいろな部分って遺伝によるものが多いですね。

 

例えば、カラダが大きかったり小さかったり。これは、遺伝によるものが大きな割合を占めています。

 

乳輪も同じです。遺伝で、ある程度の大きさが決まってしまいます。

 

 

刺激によるもの

 

ブラジャーや下着で、乳首を刺激すると、乳輪が大きくなってしまうことがあります。

 

あと、乾燥によるかゆみも原因の1つです。

 

掻いてしまうとどうしても、乳首に刺激が伝わってしまいます。

 

で、その部分を守ろうとします。これは皮膚の防御作用ですね。

 

その部分をより強くしようとして、乳輪が大きくなってしまうんですね。

 

 

成長期に大きくなる

 

成長期には、バストが大きくなるのですが、その過程で乳輪が大きくなりすぎることが多々あります。

 

バスト以上に乳輪が大きくなってしまう・・・。そんな経験をしている人も多いと思います。

 

バストだけならうれしいのですが・・・。

 

乳輪があまりにも大きくなるのは、ちょっと悲しいですよね。

 

 

ホルモンの変化

 

妊娠から出産までの間に、ホルモンの量が急に変化します。

 

ホルモンの量が急上昇するんですね。

 

このことが原因で、乳輪が大きくなると言われています。元に戻る人もいますが、そのままの人もいます。

 

 

体系の変化

 

カラダが大きくなる、つまり太るとバストが大きくなりますよね。

 

これに伴って乳輪も大きくなります。

 

なるべくカラダの体型を維持することが、乳輪の大きさを一定に保つ秘訣でもあります。

 

 

 

乳輪を小さくする方法は?

 

 

1度大きくなった乳輪はもとに戻りません。

 

ただ、1つの方法として、乳輪自体を薄くするという方法があります。

 

乳輪を薄くすることで、目立たなくなるんですね。

 

 

乳輪を薄くする方法には、美容外科に行くとか美白クリームを使うという手段があります。

 

どちらもそれなりに効果があるので、試してみるのもいいと思います。

 

 

 

乳輪が大きくなるの予防方法は?

 

日々の努力で、乳輪が大きくなるのを防ぐことができます。
いくつか紹介しますので、参考にしてみてください。

 

乳首が乾燥しないようにする

保湿クリームなどで乳首を保湿すると、乳輪が大きくなるのを防止できます。

 

自分のバストに合ったブラをつける

サイズが合っていないと乳輪とブラが摩擦してしまいます。
ちゃんとサイズが合ったものをつけるのが大事です。

 

生活習慣を整える

睡眠、食事、運動。これらを適切にすることで、ホルモンのバランスが整います。

 

 

 

本当に効果があった!茶色い乳首をピンクにした体験談を紹介!